本文へ移動

健康経営への取り組み

健康経営への取り組み

健康経営の取り組みについて

当社では、2021年5月13日に公開しました「2022年3月期~2026年3月期 中期経営計画」に基づき、企業の持続的成長の為に、代表取締役社長を健康経営責任者として全社一体となって、「健康経営」に取り組んで参ります。

【健康経営宣言】
「当社は社員一人ひとりが健康で活き活きと働き、地域の発展に貢献していくため、『健康経営宣言』を行い、健康経営体制を構築していきます」

健康づくりチャレンジ宣言

健康経営推進の初めのステップとして、「健康づくりチャレンジ宣言」を行いました。

【宣言内容】
①協会けんぽと連携し、従業員の心と身体の健康づくりに取り組みます

②従業員へ健康保持増進に関する研修や情報提供を行います

③健康づくりの取組みを通じ、従業員同士のコミュニケーションを促進します

【具体的な取組内容】
①従業員の健康診断受診率を100%とし、健診結果を協会けんぽに提供します

②従業員の特定保健指導の実施率を100%とします

③毎日ラジオ体操を実施します

④健診の結果、要治療や要再検査となった人の医療機関受診率を100%にします

⑤協会けんぽ長野支部のメールマガジン等を活用し、1か月に1回、従業員に健康情報を伝えます
 
 
 
 
 
 
 
 
TOPへ戻る